ニュース一覧|ITO経営研究所の最新情報です

2013/07/23 のニュース

【税理士事務所のダントツ通信H25.7月号】

bg_top.jpg

いつもお世話になります。アメリカの有名大学が行った実験では、小さなことでも何か人のためにしたとき「時間に対する心の余裕」が増大したそうです。早いもので今年も7月ですが、忙しくて時間がない日こそあえてだれかのために時間を使うと「心に余裕」が生まれ、さらにより良い仕事ができるかもしれませんね。

bg_under.jpg
枝豆くん

知っとこ税務のまめ知識

【孫などへの教育資金の贈与が非課税に】

孫などへ教育資金を非課税で贈与できる制度が開始しました。この制度は、平成25年4月1日から平成27年12月31日までの期間において、直系尊属である祖父母などが30歳未満の孫など(受贈者)に対して、教育資金を一括贈与した場合に贈与税が非課税になるというものです。

bg_under.jpg

非課税となるのは受贈者1人につき1500万円までで、学校などの教育機関に支払う教育資金、例えば幼稚園や大学、各種学校の入学金や授業料のほか、学校用品の購入費などが対象となります。また、学習塾や予備校の授業料、野球などスポーツの指導料、ピアノなど文化芸術に関する活動の指導料、また、それらに関する物品の購入費用などの学校等以外に対して支払う教育資金は、前述の1500万円の範囲内で最大500万円までが非課税となります。手続きはまず信託銀行などの金融機関で専用口座を開設する必要があります。なお、(1)受贈者が30歳になったとき (2)受贈者が死亡したとき (3)口座残高が0になって受贈者と金融機関との間に契約終了の合意がなされたときは、教育資金口座に関する契約は終了します。(1)と(3)の事由で契約が終了し残額がある場合や、教育資金以外の支出がある場合などは贈与税の課税価格に算入され、その年の課税価格が贈与税の基礎控除を超えているときは申告が必要になります。

非日常的な空間が幸運を呼び、仕事でも勇気が湧いてステップアップできそう。自分の殻を破りたい人にも吉!

人間関係に不安を感じたら自分から積極的に歩み寄りましょう。黙ってやり過ごすと変な誤解を招くだけです。

とても運勢は良いのに些細なことで落ち込んだりしそうな気配。感情のコントロールを意識して取り組むと吉!

口は禍の元と心得て余計なことには首を突っ込まないように!マイペースで仕事をすれば無難に行くでしょう。

【今月の教えてキーワード:為替介入】

自国通貨の為替相場を安定させるために、通貨当局が外国為替市場において通貨の売買を行なうこと。急激な為替相場の変動は自国の企業経営、ひいては経済に悪影響を及ぼすため介入を実施することがある。日本では財務大臣の指示で日本銀行が実務を遂行する。ひとつの国や地域の通貨当局が単独で実施する場合には「単独介入」、複数の国や地域の通貨当局が協議の上で同時または連続して介入を行なう場合は「協調介入」という。

bg_top.jpg

 【ただ闇雲に数字を追うと飽きてくる】

メタボなお腹を気にしているある男性が、毎日30分のウォーキングを始めました。3週間ほど続けたところで周囲から「痩せたね」と言われるようになり、あと5キロ体重を落とそうと気合いを入れ直した途端、なかなか体重が減らない停滞期がやってきました。彼は体重計に乗るたびに「また今日も減ってない」とガッカリして、結局1ヶ月半ほどでウォーキングをやめてしまったそうです。
「体重が減らないからウォーキングがつまらなくなった」その気持ちはよくわかります。ただ数字だけを追っていると、いずれは飽きてしまうでしょう。目標を立てるときは、具体的な数字を示した「数値目標」が望ましいと言われます。目標値が明確であれば評価が可能になり、達成感を得やすいからです。しかし、数値目標が目先の数字を追いかけるだけのゲームになってしまったら、数字をクリアしたときは満足できても結果が出ないときには粘り抜けません。

img_02.jpg

思うように進まなくても飽きずに努力を続けていくには、数値目標の先に「何か」が必要です。「何か」とは、いわゆるイメージです。
先ほどの男性ならメタボが解消されて体調が良くなり、さらには痩せてスーツが似合うようになった自分を「最近○○さん素敵になったわね」と女子社員がうわさして、おおいに自尊心をくすぐられる。そこまでのイメージをしっかり描いていたら目先の数字ではなく、そのイメージを追い続けてもう少し頑張れたかもしれません。例えば社員が個人の数値目標を立てるとき、その数字が会社から一方的に与えられた売上目標のようなものであれば、ウォーキングの男性と同じことが起こるでしょう。
売上目標はもちろん大事ですが、数字の根拠となるイメージはもっと重要です。売上目標という数字の先にあるビジョンを社員がイメージできる工夫をしているかどうか――。せっかく目標を立てるのなら闇雲に数字を追うのではなく、経営者も社員もワクワクするような楽しいビジョンを共有しようではありませんか。

bg_under.jpg
img_03.jpg

米国アップル社を創設した一人であるスティーブ・ジョブズの言葉。誰しも楽なほうへと流れてしまう。もう後戻りできない状況に自分を追い込めばやるしかない。

【伝え方が9割】
内容は同じでも「伝え方」で相手の気分は良くもなり悪くもなります。 img_04.jpg

「少々お待ちください」より、「できたてをご用意いたしますので、少々お待ちください」と言われたほうが気分はいいものですね。そんな「伝え方のコツ」が学 べる本です。

問題は解決しましたか?|052-841-3647|受付時間:  平日9:00縲鰀19:00

総合的な業務に関するお問い合わせはこちら▶

ニュース一覧を見る|「ITO経営研究所」からのお知らせ一覧
サービスの一覧を見る|「ITO経営研究所」のサービス内容についてもっと詳しく
copyright 2011 Itou Accounting company. All Rights Reserved