Q&A・財務知識|よくあるご質問や、知っておくとお得な財務知識はこちら

  • よくある質問Q&A
  • 知って得する財務知識

相続相談業務に関するよくあるご質問とその回答

icon_question.png

D社の専務取締役が死亡し、遺族に退職金を支払いました。課税関係はどうなりますか?

icon_answer.jpg

死亡退職金であれば、相続税法上は原則として相続人が相続によって取得したものとみなされ、所得税法上は非課税所得であり、退職所得に係る所得税の源泉徴収義務はありません。 死亡退職金を受け取られた遺族は、みなし相続財産として相続税の課税財産に加える必要がありますが、一定の金額までは非課税となります。

問題は解決しましたか?|052-841-3647|受付時間:  平日9:00縲鰀19:00

相続相談業務に関するお問い合わせはコチラ▶

他の質問も見る|「相続相談業務」についてよくあるご質問一覧
サービスの詳細を見る|「相続相談業務」の内容についてもっと詳しく
copyright 2011 Itou Accounting company. All Rights Reserved