MAS監査|「計画・実行・検証」3つの局面でリスク計算!!

  • management監査トップ
  • メリット・デメリット
  • ワークフロー

伊藤会計事務所が提案する経営戦略策定サポート

経営ビジョンの明確化

企業が個性と強みを発揮するためには、経営ビジョンと戦略を全従業員が共有する必要があります。
(1)お客さまの視点
(2)業務プロセス改善による対応の視点
(3)そのための人材育成と変革の視点
(4)業績チェックのための財務的視点

等に着目し、長期的な経営ビジョンを示すためのお手伝いをいたします。

img_arrow.jpg

経営戦略の立案

経営ビジョンが明確になる事で現行の経営状態を把握し経営環境の把握をすることができるようになります。この経営環境を効果的に組み合わせることで、顧客価値を高め、より収益の拡大が見込める戦略がみえてきます。より多くの可能性を見い出し、その中で最終的な戦略の立案を行います。

img_arrow.jpg

中期・単年度経営計画策定

中期経営計画
会社の将来的なビジョンを具体化します。経営者の最も重要な仕事、それは自社のビジョンを明確に示すことにあります。そのために、経営者自らが自社の強みと課題を踏まえ今後どの分野で勝負するか(事業ドメイン)を定め、概ね5年間の行動計画(戦略)と数値計画を決定するためのお手伝いをします。
単年度経営計画
当年度の数値目標とその達成方法を具体化します。具体的には、必要固定費、借入返済額、設備投資、目標売上及び粗利、回収・支払条件等のシミュレーションを行い、行動計画(戦術)と損益・資金繰りの1年後の見通しを立てることで、企業にとって最適な意思決定が可能となります。

img_arrow.jpg

アクションプラン策定

経営計画を立てただけでは個々の詳細な計画をすべて詰めることは不可能です。策定した経営計画を元に、当面何から着手して行くのかを、作業レベルで明らかにして行きます。

img_arrow.jpg

実行支援

アクションプランの進捗管理を強化し、計画倒れで終わらないよう、会社の取り組みのモチベーションを維持します。また、成果に確実につながるよう、必要に応じてプラン内容の変更を働きかけます。更に、活動の成果把握を行い、達成・未達の原因分析、アクションプラン全体の振り返りをします。

経営戦略業務に関するお問い合わせ相談窓口

お気軽にご相談下さい|052-841-3647|受付時間:  平日9:00縲鰀19:00

経営戦略業務に関するお問い合わせはコチラ▶

copyright 2011 Itou Accounting company. All Rights Reserved